お金借りるPOINT

初めての方必見!「消費者金融でお金を借りる」ことについて

目次

皆さんは「消費者金融でお金を借りる」という言葉に対して、どのようなイメージがありますか?おそらくその答えは十人十色だと思います。金融業界は非常に広く、近年では、いわゆる銀行業界がテレビでコマーシャルをどんどん流し、個人向け消費者金融を取り扱っていることを謳っています。また、消費者金融業界だけでも、消費者金融の会社は非常に多くあります。

こちらもテレビを通じて、自社の消費者金融の取り扱い商品をアピールしていますが、特に消費者金融業界についてあまり詳しくない方にとっては、例えば先ほどの、「銀行と銀行グループ系の消費者金融」と聞いてもその違いは分かりづらいのではないでしょうか。

そこでこちらでは「消費者金融でお金を借りる」ことについて、さまざまな角度から検証してみます。

消費者金融を知るために知っておきべき4つのこととは?

個人がお金を借りられる」ところは、いろいろあります。銀行や消費者金融、カード会社などがあげられますが、まず初めに思いつくのは消費者金融でしょう。

ただ近年では上記の通り、銀行のカードローンのコマーシャルは、テレビをつけたらみない日はない、と言っても過言ではないほどよく流れています。

ところで皆さんは、消費者金融についてどれほどご存じですか?おそらく、あまりご存じではない、という方のほうが、多いのではないでしょうか?こちらでは、今さら聞けない消費者金融のことのなかでも、消費者金融を理解するために、知っておきべき4つのことについてご紹介します。

消費者金融ってなに?

消費者金融とは、「個人に対して無担保でお金を貸す貸金業者」のことを指します。

テレビのコマーシャルで、アコムやプロミス、アイフルという社名を聞かれたことがあると思いますが、それらがいわゆる消費者金融に該当します。ところでこの消費者金融の話題になれば同様に話題としてあがるのが、「消費者金融と銀行と信販会社の違いってなに?」ということ。確かになんとなくニュアンスの違いは分かるのですが、具体的な違いは分かりづらいですよね?

またこの違いを知ることは、消費者金融のことを理解するのに、極めて重要な事柄になります。そこで次に「消費者金融と銀行の違い」と「消費者金融と信販会社の違い」、「消費者金融とカード会社の違い」についてお伝えします。

消費者金融と銀行の違いについて

消費者金融のことは既述の通りですので、ここでは「銀行ってなに?」というところから説明します。銀行の主な業務内容として一番に挙げられるのは、「預金の受け入れと資金の貸し出し(融資)」でしょう。中でも消費者金融と銀行との大きな違いは、消費者金融では行っていない「預金の受け入れ」になると思います。

一方「資金の貸し出し」ですが、こちらも消費者金融が、個人に「無担保・少額・短期間」での貸し出しを行っているのに対し、銀行の資金の貸し出しの対象は、基本はあくまでも企業になります。たとえ個人に貸し出すことがあっても、「住宅ローン」のような「有担保・多額・長期間」の貸し出しがメインとなります。

以上より、消費者金融と銀行の大きな違いは、銀行は預金の受け入れが行えて、資金の貸出しの対象は基本、企業であること。一方消費者金融は、預金の受け入れは行っておらず、あくまで資金の貸し出しの対象は一個人の小口であることでしょう。

消費者金融と信販会社の違いについて

銀行がどんなことを行っているのかは、たいていの方が普段銀行を利用していることもあって、ご存じだったという方が少なくなかったかもしれません。一方、信販会社となると、あまりその実態をご存じではない方のほうが多いのではないでしょうか。そこでまずは、「信販会社ってなに?」というところから説明させていただきます。

信販会社とは、「信用供与をする会社」になります。信用供与とは主に、「お金を立て替えたり、他からの借り入れを保証したりすること」を指します。

まず「立て替え(ショッピングクレジット)」ですが、これが信販会社の大きな特徴でもあります。例えばエステティックサロンで受けたいエステがあっても、その費用が思いのほか高かった場合、すぐに現金を用立てることは不可能に近いですよね?

そんなときお店のスタッフが提案してくれるのが、月々での支払い方法ですが、それが「立て替え(ショッピングクレジット)」です。ちなみに月々の子どもの塾代やスイミングなどの月謝でも同じように、申し込みの際、信販会社でローンを組むところもあるようです。

つぎに「他からの借り入れの保証」ですが、例えば中古車をローンを組んで購入する際のローン会社は、信販会社です。こちらも信販会社の業務のメインともいえるお仕事になります。

以上より、消費者金融と信販会社の大きな違いは、信販会社のメインの業務は、「立て替え(ショッピングクレジット)」や「他からの借り入れを保証(与信保証)」で、どちらかと言えば、「申込者と申し込み先のお金に関する橋渡し的な存在」という理解でいいと思います。

つまり、消費者金融と同様に消費者金融業も行ってはいるものの、どちらかと言えばそちらの業務は付随的なものという感じになります。

消費者金融とカード会社の違いについて

最後にカード会社と消費者金融の違いをご説明する前に、まずは「カード会社ってなに?」からお伝えしたいと思います。ところで皆さんは、カード会社と信販会社の違いはご存じですか?実は「カード会社と信販会社の違いが分からない」と密かに思っている方は、意外と多いようです。

例えば、先ほどのエステティックサロンの場合、エステのスタッフは「お支払いは、月々のお支払いになさいますか?カードのお支払いでも可能ですよ」と提案してきたとします。この質問にこそ「カード会社と信販会社の違いはなに?」という疑問を解く鍵が。

この事例のエステ店の場合、カード払いも月々の支払いも可能なお店になりますが、それはこのお店が、「月賦販売法」という法律に基づき経済産業省に登録している信販会社と取引しているからその選択ができるわけです。

そしてこの月賦販売法(=月々の支払い)を行使できるかどうかが、信販会社とカード会社の大きな違いになります。蛇足だとは思いますが、月賦販売法を行使できるのは信販会社です。ちなみにそれ以外、カード会社と信販会社には大きな違いはないと言っても過言ではないでしょう。

つまり、上記の通り、信販会社はエステ店と契約をして、そのエステ店の申し込み者がまとまったお金が払えないとなると、代わりに支払うことができます。これが先ほどから指摘している信販会社の特権です。

一方カード会社は、そのエステの申し込み者と既にカード契約を結んでおり、このエステ店の場合は、その申し込み者が持っている同じカード会社とも契約を結んでいたから、エステ店でのカード払いも可能なので、「信販会社を使用しての引き落とし」と「カード引き落とし」の両方の支払い方法を提案してくれたという話になります。ですから、もし申し込み者の同じカード会社とそのエステ店が契約を結んでいなければ、必然的にカードは利用できません。

以上より、カード会社のメインの業務は「クレジットカードを発行して、そのカードを利用したショッピングやキャッシングなどに関する業務を担当しており、基本的にそれ以外のローンは担当していないこと」と言えると思います。ただ、カード会社も信販会社と同様に付随的ではありますが、キャッシングも行っています。

消費者金融の最大のメリット4つをご紹介!

前置きが長くなりましたが、消費者金融のことを理解してもらうため、そのメリットを知って貰うために、銀行などの消費者金融以外の金融業との違いを説明してきました。

では、これほどさまざまな金融機関があり、しかもメインの業務ではないものの、キャッシングも傍らで行っているにも関わらず、個人のお金の借入の際、「何はともあれ消費者金融!」と一般的には理解され、利用され続けているのでしょうか?

その理由として、他の金融機関にはない、消費者金融のメリットがあるからだと考えられます。また物事には必ず、いい面があれば悪い面があるのは当然のこと。つまり、消費者金融にもデメリットはあります。そこでまずこちらでは、消費者金融のメリットから紹介していきます。

融資のための審査時間が極めて短い

お金を借りたい方は、「今すぐ、あるいはなるべく早くお金を手に入れたい」と思っているからそうするのであって、その必要がなければお金を借りることはないと思います。つまり、一刻も早くお金が手にできればそれに越したことはなく、逆に時間がかかってしまうのならば、わざわざ利子が付くのに金融機関にお金を借りるはずがありません。

以上より、「必要なお金が今すぐ、あるいは早く手に入るから」というのが、お金を借りる理由なのだと考えられます。しかも消費者金融ならば、その「必要なお金が今すぐ、あるいは早く手に入る」が可能です。そのため、消費者金融は多くの人たちから支持されています。

ちなみに消費者金融の利用者数はおよそ1,300万人ほど。ざっくり日本人の10人に一人は消費者金融を利用していることになります。ところで、消費者金融ではお金を借りるのに、どれくらいの時間を要するのでしょうか。なんとそれは最短で30~40分ほど。つまり30~40分後には、必要なお金が手に入るわけです。

消費者金融の審査は非常に優れていて、対象者の年収・勤務先・勤務年数・雇用形態・過去の借り入れ状況・事故状況などのデータから瞬時に判断します。つまり、一定基準の条件をクリアすれば、すぐにお金を貸して貰えるわけです。

ちなみに、先ほどご紹介した銀行カードローンと消費者金融でお金を貸してくれるまでに要する時間を比較すると、銀行カードローンは、審査が早いところでも最短翌営業日での融資です。ただこれには理由があり、銀行が2018年1月から即日融資を行えなくなったからです。また土・日曜日は審査回答していないので、曜日によってはお金を貸してくれるまでに、数日かかることも。

以上より、即日融資ができるのは消費者金融の専売特権になったこともあり、多くの借り入れ希望者が、すぐにお金を貸してくれる消費者金融を利用するのは当然のことだと言えるのです。

土・日曜日はもちろん、夜間も即日融資が可能

さきほど銀行のカードローンが「土・日曜日は審査回答していない」ことをご紹介しましたが、消費者金融なら、土・日曜日はもちろん、夜間でも即日融資が可能。無人契約機の営業時間である22時までならば、即日融資が可能です。

ただこの時間には関しては、各消費者金融会社の営業時間により異なるので、必ず利用する予定の消費者金融の営業時間を調べたうえで行動してください。ちなみにネット申し込みの場合、申し込み自体は24時間いつでも可能ですが、即日融資可能か否かの回答ができるのは、無人契約機同様、22時までとなるので注意が必要です。

ただこちらも無人契約機と同じく、各社で対応が異なるので、事前に利用予定の消費者金融の対応時間を調べておいたほうがいいと思います。あと借りる方の状況によっては、審査に時間がかかってしまうことも。以上より、時間に余裕をもって行動されることをおすすめします。

かんたんにスマートフォンから申し込みできる

今の時代は、何ごとも「カンタン・手軽・時短」が最優先される時代ですが、それは消費者金融業界でも同じことが言えます。そんな世相を反映してか、最近ではスマホからの申し込みが多いようです。

なんと言ってもスマホからの申し込みの魅力と言えば、土・日曜、祝日関係なく「24時間365日取引可能なこと」でしょう。これは忙しい現代人にとって非常に大きなメリットです。また、ネット申し込みの場合、いわゆる「WEB申込型」なら、カードの発行を待ってATMで引き出すことはもちろん、無人契約機でカードを発行し引き出すことも可能。もちろん、指定した銀行に振り込んでもらうこともできます。

このネット上で、振り込みまですべて完結させることは「WEB完結型」と言います。この「WEB完結型」の場合、店頭や無人契約機に足を運ぶことなく、その場にいながら必要なお金を最短30~40分で手にすることが可能なわけです。すごいですよね!

無利息期間がある消費者金融もある

こちらもすべての消費者金融ではありませんが、なんと無利息期間を設定しているところがあります。例えば、大手消費者金融の「プロミス」では、申込時にメアド登録とweb明細を選択すると30日間無利息がつきます。同じく大手消費者金融の「アコム」では、返済期日を35日ごとにすると30日間の無利息期間がついてきます。これなら安心して借りることができますよね。

消費者金融の注意点は3つ

既述の通り、物事には必ずいい面と悪い面があります。それは消費者金融でも同じことです。こちらでは、消費者金融のデメリットを考えうる限りご紹介していきます。

消費者金融は金利が高い

やはりここは大きなネックだと思います。大手消費者金融の金利は最大18.0%と高めに設定されています。銀行のカードローンの金利は最大14.5%前後のものが多いため、長期利用をする場合、銀行のカードローンに比べると利息が高くなってしまいます。

そこでおすすめなのが借りる先によっては、せっかく無利息の期間もあるわけですから、その無利息期間の間にしっかりお金を貯めて、繰り上げ返済で早めにお金を返すことです。できれば、借り入れしてから利用期間は半年以内に収めることをおすすめします。

消費者金融は大口借入ができない

冒頭で述べた消費者金融の特徴にも通じることですが、消費者金融は個人向けに無担保で少額を短期間貸し付けることを業務としています。そのため、大口の借り入れは不可能です。ちなみに個人が借りられる額は、「年収の1/3までの金額」と定められています。

例えば年収が240万円の方の場合、80万円までしか借りることができません。以上より、大口の借り入れを希望される方にとって消費者金融は、借入先としては厳しいかもしれません。

借り入れ中は他社のローンが利用しづらい

消費者金融は無担保で個人にお金を貸し出しています。ですから例えば、Aという消費者金融からお金を借りていて返済中にも関わらず、Bという消費者金融からお金を借りるのは、貸す側として、ちゃんと返済してくれるのかどうか不安を感じるのは、常識的に考えて当然のことでしょう。

よって、消費者金融から借り入れ中は、他の消費者金融からの借り入れ審査は通りにくくなってしまいまう可能性は高いです。ただ、注意していただきたいのは、ここで言いたいことは「お金を借りないほうがいい」ということではなく、ちゃんと借りたお金は返したうえで次に借りた方がいいということ。

なぜならば、借りたお金を滞ることなく完済した場合は「返済実績」としてみなされ、次回お金を借りるときに借りやすくなる場合もあからです。以上より、お金を借りることを恥じるのではなく、滞らせず完済させるようにしましょう。

店頭でお金を借りる際に知っておくべき3つのこと

ここまでで、消費者金融を理解するのに必要なことは、だいたいご理解いただけたかと思います。そこで次に、実際にさまざまなパターンで「消費者金融でお金を借りる」ことのメリットやデメリットなどを数回に分けてご紹介していきます。まずはスタンダードな「店頭でお金を借りる場合、知っておくべき3つのこと」についてご紹介します。

消費者金融の店頭を利用する場合のメリット

ここはなんと言ってもやはり、「店頭での審査の場合、わざわざ店舗まで足を運び、対面して受け答えをするから、審査の通過率が上がる可能性がある」ことでしょう。インターネットの場合、AIの判断で審査が行われます。ですから、生身の人間が判断するよりも、厳しめの審査が行われていると考えるのは、的外れなことではないと思います。

例えば、AIも店頭スタッフも「この人の収入額からすれば、返済は厳しいのではないか」と判断した場合、AIならばそれで「The End」で審査通らず…という結果になると思います。しかしこれが店頭スタッフの場合、「確かにこの人は収入面で若干不安を感じるが、人柄も真面目で誠実だし、わざわざ店頭まで来てお金を借りに来るほど熱意のある人で好印象だ」と判断し、融資してくれることは実際にあるようです。

つまり「百聞は一見に如かず」ではないですが、実際に顔を合わせて声を聞いたり、接し方を見ることでその人の印象が変わることは無きにしも非ずというわけです。「このネット社会で、わざわざ店まで行っての申し込みなんて…」という考え方は、この際捨てましょう。少しでも審査に自信がない方には特に、店頭での審査申し込みをおすすめします。

消費者金融の店頭を利用する場合のデメリット

やはり店頭スタッフとは言え、「相手に顔が見られてしまう」ことでしょうか。お金を借りるなんて、誰でもあまり気が進まないことでしょう。しかも顔を見られてしまうなんて、普通の感覚だと、恥ずかしいことですよね?

しかし上記でも述べましたが、消費者金融の利用者は、国民の10人に1人の計算になるほど、結構借り入れをしている人は多いです。つまり必要だからお金を借りるわけですから、消費者金融を利用すること自体、本来は何ら恥じることではないと思います。それよりも、その気持ちを大切にまずはきちんと返すことが大事です。

以上より、「店頭のスタッフとは言え、誰かに顔を見られてしまうわけだから、返済が滞るような恥ずかしいマネはしないようにしよう」と考え方を変えてお金を借りてみてはいかがでしょうか。

店頭での消費者金融の申し込みが向いている方

店頭での消費者金融の申し込みが向いている方は、おそらく「対面式でなければ不安を感じる方」と「人と接することが好きな方」でしょう。

便利な世の中になってきたとはいえ、やはりコンピューターは機械ですから、手続き中あるいは審査中に絶対にトラブルが発生しないとは限りません。店頭の場合でしたら、対面式なので臨機応変に対応してくれることと思います。

しかしコンピューターの怖さは、誤作動でデータがどうなったのかが分からなくなってしまう可能性が無きにしも非ずであること。このような考え方が少しでもある方は、店頭で手続きをされることをおすすめします。

また、人と話すのが好きな方は、店頭でスタッフを話をすることで、お金を借りることへの不安や罪悪感などもろもろの感情が解消される可能性が高いと思います。以上より、人と接するのが好きな方も店頭での消費者金融でお金を借りることをおすすめします。

無人契約機でお金を借りる際に知っておくべき3つのこと

消費者金融でお金を借りる方法は、店頭での対面式だけではありません。たとえ自宅にインターネットがなくても、スマホがなくても、店頭での対面式でお金を借りずにすむ方法はあります!それがこちらの「無人契約機からの申し込み」になります。

そこで次に、人と顔を突き合わせることなく、消費者金融でお金が借りられる便利な方法として、「無人契約機でお金を借りる場合、知っておくべき3つのこと」についてご紹介します。

消費者金融の無人契約機を利用する場合のメリット

「人と話すのが苦手」という方は、必ずいらっしゃることだと思います。ましてや、お金を借りるとなると恥ずかしさもあって、なおさら人と直接会って話をしたくない、という方は多いことでしょう。

一方、今は少なくなったとはいえ、こちらもある程度の人数で該当者がいると思われるのが、「自宅にインターネットの環境がない」あるいは、「スマートフォンを持っていない」という方。上記に該当する方が、もし消費者金融にお金を借りる必要性が出てきた場合、どうすればいいのでしょうか?

そのときこそご利用いただきたいのが、こちらの「無人契約機」。例えば、大手都市銀行の一角でATMがあるものの、椅子のようなものが設置されていて、中は見えないように半透明のドアで仕切られた個室のATMを見たことはありませんか?それが無人契約機になります。

見えるのは中に人が入っているかどうかの足元ぐらいで、プライバシーはしっかりと守られています。また街中や電車に乗るまでの地下街の通路の一角に設置されていることが多いので、気軽に利用できる点もメリットと言えるでしょう。

ちなみに審査を待つ30分ほどの間は、カードの利用方法の説明が流れていて、待つことの苦痛感を感じることがないように、ちゃんと配慮がされているのでご安心ください。

消費者金融の無人契約機を利用する場合のデメリット

無人契約機のデメリットは、「誰かに無人契約機の利用を見られてしまう可能性があること」でしょう。

やはり街中にあるので、まったく人に合わないという訳にはなかなか行かないと思います。ただ可能性を0に絶対できる訳ではないですが、それこそ無人契約機のメリットである夜間も審査がして貰える特長を活かして、夜遅めの時間で利用するという方法もありだとは思います。

あと、おそらく審査を待つ時間が「店頭対面式」や「パソコン・スマホ式」と比べて、かなり長く感じる可能性が考えられます。なぜならば、人間の心理として、狭く閉鎖的な空間に強制的に入らなければならない場合、通常よりストレスをさらに感じやすくなるからです。ただでさえ緊張しているのに、ストレスを強く感じる可能性がある点は、無人契約機のデメリットに他ならないと思います。

無人契約機での消費者金融の申し込みが向いている方

先ほども少し触れましたが、家に通信機器の環境が整っていない方には、無人契約機の利用は、非常に有効だと思います。あと、少し人見知りで店頭対面式は嫌だけれども、心配症を自覚している方にもおすすめです。

なぜならば、無人契約機はあくまで、消費者金融が用意した空間での申し込み作業になります。ですから、もし何かトラブルが発生しても、備え付けの電話で呼び出せば、優先的に対応してくれるからです。

しかも電話越しでの対応なので、人と話していてもさほど苦痛ではないはずです。よって、スマホやパソコンなどの自宅での操作で、なかなか繋がらない電話にイライラしながら消費者金融の対応を待ち続けるよりは、待ち時間も少なくすぐに対応してくれる可能性が高いと考えられるのではないでしょうか。

WEB上で消費者金融からお金を借りる際に知っておくべき3つのこと

もしかすると、今もっとも消費者金融からお金を借りる方法でメジャーなのが、こちらの「パソコンやスマホを利用する方法」かもしれません。特にスマホを利用しての申し込みは、若者を中心にして、一番多い方法ではないでしょうか。

そこで次に、人と顔を突き合わせることなく、しかもこちらから申し込みのためにわざわざ足を運ぶこともしなくていい消費者金融でお金を借りる方法として、「消費者金融をパソコンやスマホから利用する場合、知っておくべき3つのこと」についてご紹介します。

消費者金融をパソコンやスマホから利用する場合のメリット

一番のメリットは、言わずもがなではありますが、パソコンやスマホから消費者金融でお金を借りる方法は、24時間・365日受付可能なわけですから、「申込者の好きな場所や時間で消費者金融を利用することができる」ことでしょう。

しかも人に会う心配はまったくなく、例え外出先からお金を借りていたとしても、傍から見ればただ単にスマホやパソコンを操作しているだけですから、本当に気軽にストレスを感じることなく消費者金融でお金を借りることができます。

まさに「思い立ったが吉日」的な感じでお金が借りられるわけですから、これほど利用者本位のお金の借り方はないと言えるでしょう。

消費者金融をパソコンやスマホから利用する場合のデメリット

メリットとデメリットは表裏一体と言えるいい事例ではありますが、パソコンやスマホから消費者金融でお金を借りるデメリットは、「その気軽さゆえに、よく考えもせずにお金を借りてしまう危険性がある」ことでしょう。

本当に必要だからお金を借りる場合は問題がないと思います。しかし何の目的もなく、軽い気持ちでお金を借りることはいいことではありません。なぜならば、「借り癖がついてしまう可能性」と「気持ちに重みがないので、返済が滞ってしまう可能性」があるからです。

また「通信費が利用者負担である」こともデメリットと言えるでしょう。「通信費なんて大したことないんじゃない?」と思うかもしれません。しかしその考え方が積もり積もると、財産を失う可能性だって無きにしも非ずです。

お金は本当に大切なもので、「いつまでもあると思うな親と金」ではないですが、お金を大切に扱わない人は、お金を借りることができても、返すときに何かトラブルを発生させる確率が他の方よりも高いようなのでご注意ください。

パソコンやスマホから消費者金融の申し込みが向いている方

パソコンやスマホからの消費者金融の申し込みが向いている方として、一番に挙げられるのは、「多忙な方」でしょう。

消費者金融の店頭に行こうとしても、店頭が開いている時間には行くことができず、もちろん休みは定まっておらず、自動契約機で申し込みをしようとしても、夜の22時なんて勤務中だしという方は意外と多いようです。そのような方がお金がすぐに必要になった時、消費者金融でお金が借りられる方法は、パソコンやスマホからの申し込みくらいしかないのではないでしょうか。

おそらくそのような方は、時間が何よりも大切だと思います。ですから、審査も30分ほどで終わらせることができ、即日融資も可能な消費者金融でお金を借りることが一番向いていると言えるでしょう。

消費者金融でお金を借りるとき、事前に用意が必要なもの2点!

最後に、特に店頭や無人契約機など、契約者個人が足を運んだ出先で消費者金融からお金を借りる場合、基本的に何が必要になるのかをご紹介したいと思います。きっとお金を借りに行くときの心境は、いつも以上に緊張していることでしょう。

ですから、普段よりもチェック機能が鈍り、忘れ物がしやすいです。ぜひご自宅を出る前に、今一度、必要なものの確認を行ってください。

本人確認書類

大抵の場合、「普通自動車運転免許」が本人確認書類に当たると思いますが、消費者金融でお金を借りる場合でもそれは同じです。ただ、普通自動車免許を持っていないという方も、中には必ずいらっしゃることだと思います。

そのような方は、「パスポート」もしくは「健康保険証と住民票」があれば、本人確認書類として扱われます。なお外国籍の方に関しては、「在留カード」または「特別永住者証明書」が必要になるそうです。

収入証明書類

こちらの「収入証明書類」は、お金を借りる全員に必要なわけではありません。

この書類が必要な方は、以下に該当する方です。

・希望の借入金額が50万円を超える方

・希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える方

これらに該当する方は、上記の書類が最新であることを条件として、「源泉徴収票」か「確定申告書」か「給与明細書(直近2ヶ月分+1年分の賞与明細書)」のいずれかが必要となります。忘れないように気を付けてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?「消費者金融でお金を借りる」というテーマで、消費者金融をあらゆる角度から紹介してきました。消費者金融のことを知ることは、無駄なく賢くお金を借りる方法を見出せる唯一の方法です。

賢い借入者になるためにも、まずはしっかりと借入先の消費者金融のことをしっかりと研究したうえで、消費者金融と上手に付き合ってください。最後にくれぐれも、返済が滞ることのないよう、計画的な返済を心がけましょう!